本サイトは、アフィリエイトプログラム(広告)に参加しています。

【防犯】窓ロック(窓用補助錠)の選び方【セキュリティ】

どうも、ナルアキです。
日に日にコレクションが増えているので、防犯意識も高まっています。

この記事では、空き巣被害等の侵入経路として多い、窓からの侵入を防ぐ道具のご紹介です。
簡単に防犯になる事をしたい。と思った事はありませんか?
この記事でそれが叶えられます。

安価な防犯グッズで、窓の防犯レベルを上げられます。
そのアイテムが、窓用補助錠等と言われています。
※マドヨウホジョジョウが呼びにくいので、窓ロックと呼称しています。

窓ロックの選び方

2つのタイプがあります。
そのタイプとは、窓枠に貼り付けるタイプレール部分で固定するタイプです。

両方使うと、防犯性能が高くなります。
その反面、窓をああ聴く空けたい時に労力が増します。

貼り付けてストッパーをするタイプ

メリット:
2つ取り付けることで、開かない状態と換気ができる状態の切り替えができる。
オン/オフを切り替えやすい。

デメリット:
強力な粘着テープを使用するので、付替えが大変。
基本的に再利用ができない。
金具の場合は、窓枠に傷が付く。

扱いやすくデメリットが少ない。
その半面、防犯能力としては、ちょっと劣ります。

\ ワンタッチでオン/オフ /

伊藤製作所(Itoseisakusho)
¥555 (2024/05/16 20:17時点 | Amazon調べ)

レール部分で固定するタイプ

メリット:
ガッチリと窓を閉め切る事ができる。
取り外しができる。

デメリット:
レール部分の変形の原因になる。
上記を恐れて、ロックが甘くなることがある。
つまり、ロックに慣れが必要。
オン/オフが意外と手間。
緊急時に、邪魔になる場合がある。
例:窓から出たいが、ロックをしたままだった。等

取り回しの難点が目立ちます。
その反面、防犯能力は高いのが、このタイプでさらに二重ロックできるタイプです。

\ レールに付けて防犯! /

ノムラテック(Nomuratec)
¥1,030 (2024/05/01 03:25時点 | Amazon調べ)

防犯以外の使用例


画像引用:楽天市場の商品ページより

チャイルドロック
小さなお子さんが、勝手に外に出ないようにできます。
ちなみに、画像の商品は、防犯性能で見ると、金属製の物の方がよいです。
せっかく同びゅうをするなら、金属製で選ぶことをオススメします。

認知症の方の徘徊を防止
勝手に家の外に出ないように、窓を閉めることができます。

まとめ

防犯能力を求めるなら、レール部分で固定するタイプ。

日常生活でストレスの少ない物を求めるなら、貼り付けてストッパーをするタイプ。

防犯以外にも、外に出ると危険な窓をロックできる。

長期間留守にする際は、両方使ってもいいかもしれませんね。

さいごに

この記事が参考になれば嬉しいです。
では、良いコレクションライフを~

家の快適さを、少しずつ上げていこう!

関連記事

【実物資産防衛】ポケカを守る7つの防犯方法【コレクター必見】

【防犯】ホームセキュリティ ALSOKとSECOMの比較【コレクター向け】

窓で時間を稼いで、次は金庫の出番!
【防犯】金庫の選び方【TCGコレクター向け】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA